2014年04月25日

桜の季節を一足でまたいだ。
街では新緑の葉桜が何も落とさずに揺れていた。電車の中ではたくさんの指が動いていた。公園では見たこともない木の実を拾った。トンネルのように薄暗くて細長い商店街はすみからすみまで歩いていった。街角では誰のものかわからなくなった記憶にぶつかるような気がした。東向きのベランダにはもう日が当たらなくなっていた。最近越してきたアパートから歩いて3分の境内では、ハトを追いかける子供も、追いかけられるハトも起きていて、洗剤の匂いのする人が眩しかった。

彗星のように時が流れてそれでおしまい。
けれど夏にまた戻ってきたいものです。



(19:11)

2013年11月22日

 来週引っ越しをする。今年の5月に全所持金4万円だけ持って不動産屋へ行き、「事情があって明日からでも住める家を探しています、4万円しかありませんが」と言って探してもらった、今の部屋。「4万円。なんとかしましょう。うん?うんうん、ここにしましょう、ここしかありません、うん。」といわれなんだか腑に落ちないまま住み始めたこの部屋。以前住んでいた部屋から北西に数キロ移動しただけの、引っ越して3日目にゴキブリのでたこの部屋。5月から10月まで寝袋で過ごした部屋。一度も返事を出した事がないのにこの部屋あての手紙を書き続ける人が隣に住むこの部屋。太陽も月の光も1日に数十分間しか差し込まない、この部屋。215号室。このことを知ってか知らぬか、216号室の住人は「帰る時が来たようですね」という言葉から始まる手紙を僕の部屋のドアに隙間に挟んだ。壁が薄いのか、僕の声が大きすぎるのか。
 

























(23:34)